8月12日 聖霊降臨節 第13主日
説 教 :『 背負いきれない重荷 』
説教者 : 白鳥 彰 牧師
聖 書 : ルカによる福音書 11章45~54節
講壇聖句: こうして、天地創造の時から流されたすべての預言者の血について、今の時代の者たちが責任を問われることになる。(ルカによる福音書 11章50節)
讃美歌 : 11、第二編196、344
交読文 : 6(詩篇23篇)
説教紹介:人生は背負いきれない重荷を負うことがあります。しかし、イエスは十字架の刑で死なれたことによって、その重荷を私のかわりに負ってくださいます。神の御子があらゆる慰めもなく捨てられたのですから、私たちの足元からいっさいの支えが取り去られて、恐れと疑いに満ち不安と恐怖で恐れていても、それにもかかわらずイエスは我々のすべての罪を負って下さったのです。

2018.08.12 礼拝案内

2018.08.05講壇生花
アブチロン、グレべリア、ノウゼンカズラ

2018.08.12 講壇聖句

2018.08 フランシスコの平和の祈り

平和を求める祈りカード

 

 

辻堂教会HP 携帯デバイス用QRコード

日本キリスト教団 辻堂教会
TEL 0466-36-3623