2017年度年間聖句:信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです(ヘブライ人への手紙11章1節)

牧師の挨拶

辻堂教会牧師の白鳥彰です。

白鳥牧師説教様子

白鳥牧師説教様子

神様は、人間を慰めるために、励ますために二つの賜物をくださいました。
一つは、音楽であり、もう一つは、イエス・キリストの父なる神を信じる信仰です。
音楽の力とか、よくいいますが、人間の身体には、音階があり、心臓はドレミファソのソの音ときいたことがあります。ですから音楽は、人間を慰め励ますことができるのです。
信仰もそうなのです。
人間の子より、3歳くらいまでは、チンパンジーの方があらゆる能力において、勝っているのです。
しかし、それ以降、逆転して、人間の方が成長をしていきます。
その理由は、人間は、他者の立場にたてるからなのです。チンパンジーも自分の痛さ、つらさ、苦しさを感じることはできます。しかし、他者のはわからないのです。人間だけが、他者の痛さ、つらさ、苦しさを想像できるのです。その他者の立場の他者を神としてまたイエス・キリストとして聖書を読んでいくのがキリスト教の信仰なのです。
ぜひ、イエス・キリストの父なる神に礼拝をささげるために、教会にいらっしゃいませんか。

下記で白鳥牧師の音声をきくことができます。(音量は各自のパソコンで調整可能です)

PAGETOP
Copyright © 日本キリスト教団 辻堂教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.