わたしたちの教会は聖書を規範とするプロテスタント教会で、日本全国で約1,700教会、信徒数、約20万人の日本キリスト教団に属しています。
 当教会は、1946年(昭和21年)8月に春山長蔵(1895-1984)・ノブ牧師夫妻の開拓伝道によって始まりました。当初、近所の子どもたちを招き自宅の玄関ホールで日曜学校を開きました。その後、応接間で礼拝も行われました。さらに、近所の母親から幼稚園を開設してほしいとの要望がだされ、のぞみ幼稚園を1947年(昭和22年)に設立し、園舎も建てられ、教会活動と幼稚園活動が行われました。その後、のぞみ幼稚園が学校法人となり、別地に新たに園舎が建てられる一方、辻󠄀堂教会の建物は増築と改修を経て、創立55年の2001年に新しく現在の会堂が完成しました。

 現在の教会は、2015年春より白鳥彰・和代牧師夫妻が着任し、教会学校のこどもたちから年輩者までが信仰と愛を共有しあい、毎週日曜の礼拝を中心に主イエス・キリストの福音を伝える活動をしています。神様の家族の一員として礼拝を守り、諸集会をひらいています。

2020年度年間聖句
 『主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない』(詩編 23篇1節)

2020年度教会牧会方針
 主の導きと皆様のお祈りに支えられ今日がありますことを感謝申し上げます。
信仰も人生の最期に力を発揮して平安のうちにその日を迎えるのが理想ですが、そういかない時もあります。大事な時期に信仰が活きない(活かされない)のです。「労苦困難・不安な時にこそ、神が生きて働く」その信仰を持てるか否か?ということです。神を信じる方向へと導くのが牧会の目的であります。
 私は、礼拝説教と聖書に親しむ会を中心に御言葉の取り次ぎを通して、教会の皆様への必要にお応えします。更に心の支えを必要としている多くの方々に神の御言葉が伝わるように努めてまいりたいと思います。
 どうぞ礼拝や集会に足をお運びください。また、それが適わない方々にはお祈りによるお支えをお願いいたします。
皆様には教会につながることを通してご家族へ「希望の世の中」を遺せる信仰者として成長していただければ幸いです。
 また「神の国建設綱領」のもと、今こそ伝道困難な日本でのキリスト教の根が広く深く張り信仰へと到達しますよう願っております

神の国建設綱領(辻󠄀堂教会生活綱領
教会設立当時から定めたもので、一人一人が日常生活で心がけるもので、信仰をより深めるためのものです。

  1. からし種一粒の信仰に生きる
  2. 永遠の希望に生きる
  3. 高く広く、深い愛に生きる
  4. 聖霊に励まされ、導かれ、日々(ひび)新しき霊的経験に生きる
  5. おこたらずして祈りつつ、日々(ひび)神の国の種まきに生きる
  6. 喜びと感謝をもって神の国の栄光のために生きる
    ハレルヤ アーメン