2018年度年間聖句 : 高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から私たちを引き離すことはできないのです。(ローマの信徒への手紙8章39節)

初めての方も、ぜひ辻堂教会へお越しくださいkyoukai10-pc

辻堂教会は、日本キリスト教団(プロテスタント合同教派)に所属しています。その中でも横浜開国以来伝わりますメソジスト教派の伝統を汲むプロテスタントのオーソドックスな教会です。

毎週、日曜日の10時30分から始まる礼拝にはじめて出席される方を歓迎します。
赤ちゃんも、お子さまもご一緒に礼拝に出席できます。気になる方には、母子室もあります、気軽にご相談下さい。
車椅子で出席される方もバリアフリーになっていますので安心です。(自動車の駐車スペースもあります)

過去の主日礼拝の牧師説教(音声)は、本画面右側の「お知らせ」の「説教(音声)」をクリックすることで聞くことができます。ルカによる福音書の講解説教は2017年3月5日よりはじめております。

お知らせ

8月19日 礼拝のご案内

8月19日 聖霊降臨節 第14主日
説 教:『 明るみで聞かれ 』
説教者:白鳥 彰 牧師
聖 書:ルカによる福音書 12章1~3節
説教紹介:黙示あるいは啓示とは秘密の事柄が明らかにされることを意味します。神のみ旨、ご計画が明らかにされたその内容が記されているのが福音書です。そして神の福音とはヨハネによる福音書3章16節に端的にこうあります。
「神はその独り子をお与えになったほどに世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで永遠の命を得るためである。」

8月12日 礼拝説教(音声、35分間)

講解説教シリーズ ルカによる福音書 11章第8回
説教  : 『 背負いきれない重荷 』
説教者 : 白鳥 彰 牧師
聖書  : ルカによる福音書 11章45~54節
説教紹介: 人生は背負いきれない重荷を負うことがあります。しかし、イエスは十字架の刑で死なれたことによって、その重荷を私のかわりに負ってくださいます。神の御子があらゆる慰めもなく捨てられたのですから、私たちの足元からいっさいの支えが取り去られて、恐れと疑いに満ち不安と恐怖で恐れていても、それにもかかわらずイエスは我々のすべての罪を負って下さったのです。 

8月12日礼拝のご案内

説 教 :『 背負いきれない重荷 』
説教者 : 白鳥 彰 牧師
聖 書 : ルカによる福音書 11章45~54節
説教紹介:人生は背負いきれない重荷を負うことがあります。しかし、イエスは十字架の刑で死なれたことによって、その重荷を私のかわりに負ってくださいます。神の御子があらゆる慰めもなく捨てられたのですから、私たちの足元からいっさいの支えが取り去られて、恐れと疑いに満ち不安と恐怖で恐れていても、それにもかかわらずイエスは我々のすべての罪を負って下さったのです。

8月5日礼拝説教(音声、約34分)

講解説教シリーズ ルカによる福音書 ルカによる福音書 第11章 第7回
説 教:『 器の中にある物 』
説教者:白鳥 彰 牧師
聖 書:ルカによる福音書 11章37~44節

8月5日礼拝のご案内(聖霊降臨節 第12主日)平和聖日

説 教 :『 器の中にある物 』
説教者 : 白鳥 彰 牧師
聖 書 : ルカによる福音書 11章37~44章
説教紹介: 人間は外面より内面をきれいにすることによって美人になります。演劇『泥かぶら』は心洗われる美しい劇です。その中で老人は美人になるために泥かぶらのような女の子に三つのことを教えます。(1)自分の醜さを恥じない。(2)相手の身になって考える。(3)にっこりほほえむこと。あなたもきっと美人になれる。わたしたちは自分の何かを変えることで、運命を変えることができるのです。

アーカイブ
PAGETOP
Copyright © 日本キリスト教団 辻堂教会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.